カマコン

【2020年11月度定例会@zoom】地域清掃トレジャーハンティング→移動式ラジオ放送局→“次の資本主義”サロン

【報告】2020年11月定例会
2020年11月19日(木)19:00~21:10 @KOTOWA & @Zoom
プレゼンター、リード:@KOTOWA鎌倉鶴ヶ岡会館から配信
参加者:約60名

今回は9回目のオンラインカマコンで、ZOOMを利用して多数の方が参加してくれました。

▼初参加者向けオリエンテーション/19:00~
今月の初参加者向けオリエンテーションのリードは、柳澤さんと本多さんです。今回のカマコンは、オンラインに加え、現地でのリアル参加もあります。また鎌倉以外の参加者も1/3程いらしゃいました。そして今回は、J:COMさんの取材も入っての開催です。
先ずは、ZOOMのブレイクアウトルーム機能を使って、自己紹介を3分行い、ブレストをしやすくするために、仲良くなる時間がありました。
その後、カマコンは“本気の大人の部活”だという表現で紹介がありました。カマコンの目的、進め方、歴史、そして参加者から希望を聞き、過去のプロジェクトから、 “「鎌倉 今昔写真」アプリ&イベント”、“空家レンジャープロジェクト”“ZEN2.0”の3つのプロジェクトの説明が具体的に語られました。
ジブンゴトの大切さも皆が納得し、その後オリエンテーションの感想を、ブレイクアウトチームでもシェアしました。

▼本会スタート/19:30~
本会のリードは、引き続き、柳澤さんと本多さんです。本会の始まりを前に、ブレイクアウトチームで5分 ブレストがしやすくなるために、チームビルディングがされました。

 

続いて、いよいよ新規プロジェクト案のプレゼンとブレストがスタートです!

 

▼プロジェクトその1
プレゼン:テーマ「地域清掃トレジャーハンティング」/プレゼンター 増田航大さん

【内容】 人生の理念は「共生」であると考えていて、支え合いの実感をしたい。地域清掃は、地域コミュニティを考えるきっかけとなる。地域清掃を楽しめるイベントにして、参加者が、地域コミュニティにも参加してもらえるような仕組みにしたい。
楽しさの例として、ゴミを拾う優越感を感じるとか、ゴミと宝の地図を交換して宝を見つけ最後はチケットと交換する、というアイディアもある。悩みは、ゴミ拾いをもっと楽しくする「施策、工夫、方法」がさらに欲しい。

【ブレストのお題】:楽しくごみ拾いをする方法を募集

【ブレストで出たアイディア】

Aチーム :「ツール・ド・フランスの様に、たくさん集めると、ステージ優勝のシャツを着られる。」などのアイディアが26個出ました。

Bチーム :「着物で合コンしながら、ゴミ拾いをする。」などのアイディアが53個出ました。

Cチーム :「24時間の街コンを実施して、朝までゴミ拾いをする。」などのアイディアが56個出ました。

Dチーム :「ゴミと旅をして、その様子をYouTubeで流す。」などのアイディアが74個出ました。

【ブレスト後のまとめ・応援案】24時間ゴミ拾いか、宝探しを企画して、参加しても良いよという人を募集しよう。カマコンでゴミフェスも企画している。

 

▼プロジェクトその2

テーマ:「移動式ラジオ放送局」 /プレゼンター 山下 由香さん

【内容】今年はコロナで大変だった。死に様を考えると、ラジオ局をしたいということに気づいた。ラジオカーの車で47都道府県を回り、皆に生きる力を届けたい。地域の元気にもなる。実はもう車中泊を始めた。明日から全国に出発する。クラウドファンディングも本日公開した。それで、思わず支援したくなるアイディアが欲しい。 

【ブレストのお題】 ラジオ以外でも、全国を回りながら、私にできることや思わず支援したくなるアイディアを募集

 【ブレストで出たアイディア】

Eチーム :「ツィッターで告知して、ヒッチハイクで同乗者を募り、その人にインタビューしてラジオで流す」などアイディアが33個出ました。 

Fチーム :「行き先を、しりとりで決める。」などアイディアが51個出ました。

【ブレスト後のまとめ・応援案】最初に鎌倉から静岡へ乗って行く人を募集しよう。あとはクラファンで応援しよう。

 

▼プロジェクトその3

テーマ:「鎌倉に“次の資本主義”サロンをつくる」 /プレゼンター 藤井麗美さん

【内容】8歳から、どうしたら皆が幸せになるか考えていた。アクティビストで、途上国も回った。そして彼らの方が幸せそうに見えた。里山資本主義に基づいて経営をしたこともある。東京アーバンパーマカルチャーにも参加した。それは3つの倫理に基づく優しい革命である。クラウドファンドも3回した。鎌倉でサステナブルな事業をしたい人、魂がきれいな人と活動をしたいので、そうじゃない人に、気持ちよくお帰りいただく方法を知りたい。例えば、自分のことだけ話す人、エゴや既得権益がある人、ネットワークビジネスや信仰宗教の人は、お帰り頂きたい。

 【ブレストのお題】“魂がきれいで聡明で社会性がある人”ではない人に気持ちよくお帰りいただく方法を募集。

 【ブレストで出たアイディア】

Gチーム :「クイズを出して、それがクリア出来なかったら、帰ってもらう。」などアイディアが33個出ました。 

Hチーム :「雀(すずめ)のお宿の逸話の様に、大きなつづらと小さなつづらを見せ、“どちらかを選びますか?”と問いかける」などアイディアが35個出ました。

【ブレスト後のまとめ・応援案】 実際に雀のお宿の様な、つづらを一緒に作ってくれる仲間を募集しよう。

 

▼告知
▽12月定例会の紹介
カマコン会員のみ参加できる会だが、今回は“金力支援”ということで、金銭的なサポートをする候補プロジェクトを11月末まで募集している。またオンラインとリアルのハイブリッドな開催で、リアルではKOTOWAでお弁当を食べながら、オンラインではチョコレートバンクのギフトがある予定。

【全体のまとめ】参加者がブレイクアウトルームを使い、今日の感想を2分でシェアしました。今回のテーマはマニアックなものが多かったという感想もシェアされました。プレゼンターがKOTOWAに集まり、参加者はオンラインでの開催でした。参加してくれた仲間に感謝をして、定例会を完了しました。

▼終了/21:10

その後2次会は、オンラインとサロンドカマコンをつないで実施されました。

来月の定例会は12月17日(木)の開催を予定しています。

ご入会や、定例会へのご参加(紹介制)についてなど、お問い合わせはinfo@kamacon.com までお願いします!