カマコン

【第3回】津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト

《みなさん!あと30分!!!》で、当日チラシに名前が載るご支援が締切りです!!!急いでー! あ、【津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト】です! 只今大奮闘中、よろしくお願い致します* ★「iikuni」から、お願いします! http://iikuni-kamakura.jp/pj/IknP4236286 ★特設サイト http://kamacon.com/bousai/2015/ ★映画のチケット売ってます!「ガレキとラジオ」 http://peatix.com/event/111755 (当日現金払いも出来るようになりました! https://www.facebook.com/events/1570816703165199/) ★「震災シンポジウム」お申し込み https://docs.google.com/forms/d/1UYQP8H-g3bRKWC4Jc8fmfRUJtBfBslm_H-vLrL-Vrt0/viewform
 

iikuni システム・ノウハウをあなたの街へ展開します!

カマコンの運営するクラウドファンディングiikuni
カマコンiikuniチームのノウハウ等やシステムを他地域へもご提供させていただきます。
 
他地域への展開第一弾として、岩手のNPO法人wizさんへシステムのご提供をさせていただきました。
その名も「いしわり」
4月にスタートして現在3つめのプロジェクトがスタートしています!
成功したプロジェクト
IT寺子屋で、子どもたちと地域の未来を広げたい!
初めてのプロジェクトで達成率 136%!
 
現在、掲載中のプロジェクトはこちら
馬ッコ in フランス!岩手からヨーロッパへ、"馬ッコ文化"が凱旋します!
風鈴ロード~さんさへ続く道~ presented by 笑顔の街角プロジェクト
スクリーンショット 2015-06-26 22.48.32
岩手でカマコン出張定例会も実施して、
イワコンも盛り上がっています!
   
あなたの街にも伺います!
まずはお気軽にお問い合わせください*
iikuni事務局 info@iikuni-kamakura.jp
 
 

共同通信社「Kyodo Weekly」

カマコンバレーの運営するクラウドファンディング「iikuni」が紹介されました。

会員制週刊情報誌なので、お手に取る機会のある方は、ぜひご一読ください!


◆「Kyodo Weekly」2015/1/12号

『クラウドファンディングに脚光 東大寺再興の「勧進」が原点』

編集・発行: 株式会社共同通信社情報企画本部

取材: 商工中金経済研究所


KyodoWeekly20150112_H1 KyodoWeekly20150112_01
 

【iikuni】放射線測定

カマコンバレーが運営する鎌倉市限定クラウドファンディングサービス「iikuni」で、11月にチャレンジを開始した「子どもたちのために放射線を測定したい」プロジェクト。


発起人の岩田さんをはじめ、関係者みんなが一丸となってがんばった結果、12月28日(日)に無事に目標を達成しました!
みなさま、たくさんの温かいご支援をありがとうございました。


測定器購入後の鎌倉放射能測定室の活動内容


1. 市民の皆さんが購入した食品ほか、家庭菜園の野菜、お店を経営している方などの食材、宅急便で田舎などから送られてきた野菜やキノコ、竹の子など、食品の放射能レベルをなんでも測定します。
測定後に数値を出し、国の安全基準と比較してカウンセリングをします。高い場合は神奈川県に再度検査を依頼します。より詳しい検査を行い、 行政の指導をあおぎます。
また、測定値はインターネット上で公表します。


2. 市内の小学校の通学路の放射能レベルを毎月定点観測し、数値を公表します。


3. 市内の子どもたちの甲状腺の検査を定期的に行います。
大田区にある放射能リスクリサーチセンターと提携し、甲状腺の検査と体内被曝量の検査をします。
医師によるカウンセリングも行います。
子供たちの甲状腺検査は、大田区の放射線リスクリサーチセンターと提携し、 毎週決まった曜日に予約を取り鎌倉からスタッフが引率します。 1回4人から5人を予定しています。


より、みんなが安心して生活できる街「鎌倉」に近づけますね!
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!


iikuni「子どもたちのために放射線を測定したい」
 

【iikuni】きららカフェ

カマコンバレーが運営する鎌倉市限定クラウドファンディングサービス「iikuni」で、10月にチャレンジを開始した「きららカフェ」プロジェクト。


発起人の渡邉さんをはじめ、関係者みんなが一丸となってがんばった結果、12月25日(木)に無事に目標を達成しました!
みなさま、たくさんの温かいご支援をありがとうございました。
期限が残り1週間をきった時点では、まだ数万円足りなくて、達成できるかどうかドキドキ不安でいっぱいでした。カフェスタッフの間でも、何ともいえない焦燥感というか、切迫感というか・・・。


それでも、お客さんがいらしたら、いつもの笑顔で元気よく、おいしいコーヒーを振る舞うみなさんの姿に、きららカフェを憩いの空間にしたいという決意の固さと、プロ意識と、心遣いの深さを感じました。


結果、なんとなんと、当初の目標を越えて105%でチャレンジを終えることがきでました!
オープンから約2ヶ月、常連さんも増えて、色んな人が気軽に立ち寄っておしゃべりできる場所になりました。もちろん、こだわりのお豆を都度ドリップするプレミアムコーヒーも、とっても美味しいと評判が高く、みんなに愛されています。
まだまだ、内装をキレイにしたり、ギャラリーのように作品を飾ったり、お食事を提供したいなど、実現したいことがたくさんあるとのこと。みなさま、ぜひきららカフェに気軽にお立ち寄りください。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!


iikuni「きららカフェ」
 

【iikuni】きららカフェ「1時間店長」

 

【iikuni】J:COM鎌倉 出演

 

【iikuni】鎌倉放射能市民測定室

★「鎌倉放射能市民測定室」プロジェクト!

鎌倉市民が活用できるように、放射能測定器の購入保守資金を集めるプロジェクトです。

鎌倉市民や飲食店や子どもたちを中心に皆で測定器を活用していき、測定値をオープンにすることで安心して生活できるような街を目指します。

「市民の危惧の声に応え、できることはすべて対応できる体制を鎌倉でも作りたい。」

その思いが、岩田さんの今回の放射能市民測定室の立ち上げにつながりました。

各地の放射能市民測定室を見学したり、測定機器事業者と面談するうちに、測定器を安く提供してもいいという事業者が現れたことがきっかけとなり、放射能測定機器購入の資金を集めることにしました。

放射能市民測定室では、放射能測定器を利用しての食品等の放射能レベルの測定、小学校通学路の放射能レベル測定、こどもたちの甲状腺の定期的な検査を活動予定とし、測定器設置場所は鎌倉市扇が谷を予定しています。

ご支援いただいた資金は、主として放射能測定器の購入・保守費用に充てます!

リターンとしては、測定器の利用券や飲食店などの協力店で利用できるサービスカード等です。

ぜひぜひみなさまのあたたかいご支援と、シェアをよろしくお願い致します!!


「鎌倉放射能市民測定室」プロジェクト
 

【iikuni】朝日新聞デジタルに掲載

カマコンバレーが昨年からサービスを開始した、地域密着型のクラウドファンディングサービス「iikuni」が朝日新聞デジタル夕刊に掲載されました。

達成率92パーセント、最高額1,460,000円、これまで14件のプロジェクトを実施しています。絶賛チャレンジ中のプロジェクトも2件あります、ご支援宜しくお願いいたします!

朝日新聞デジタル夕刊
iikuni
 

【iikuni】きららカフェ

「iikuni」でチャレンジ中のプロジェクト、「きららカフェ」が朝日新聞デジタル朝刊神奈川版に掲載されました!

市民も観光客も気軽に集える新たなコミュニティスペース「きららカフェ」。東北から被災してきた方が就労し、今後は障がい者の方も働き、中高学生が就労体験のできる場所となる予定です。市民だけではなく観光客も含めた人達と、市民活動等の様々な情報が集まる場所にしたいです。みなさんご支援を宜しくお願いします!

朝日新聞デジタル
「iikuni」きららカフェ