カマコン

3月度【定例ミーティング】

【報告】定例会 2018年3月15日(木)19:00~21:00@KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館
参加者:約100名

▼初参加者向けオリエンテーション/19:00~
今月の初参加者向けオリエンの司会は、宮田さんと有江さんです。
初参加者向けオリエンテーションには、約70名の方が参加されました。
今回は、ネパールや神戸などから参加してくださった方もいらっしゃいました。

▼本会スタート/19:30~
本会の司会は、町塚さんと中丸さんです。
本会の始まりを前に、セットアップとして、どんな方が参加されているかの確認や、本会のアジェンダの説明が行われました。続いて、定例会後の懇親会の案内がありました。(懇親会の参加は必須ではありません)

続いて、新規プロジェクト案のプレゼンとブレストがスタートです!

流れ:【新規PJT案プレゼン ※プレゼン時間1組5分×5組】→【ブレストタイム/新規PJT案プレゼンの終了後は、PJT案ごとに定例会参加者全員で分かれ、チームになって「ブレスト」を行います。ブレストとは、批判や質問などは抜きにして、前向きに、そしてとにかく数多くのアイデアを出し合い、乗っかり合いながら進めていくものです。なお、各チームで最後に発表するアイデアは一案です】→【応援案・まとめ発表/ブレストによって導き出されたアイデア一案が各チームより発表された後は、アイデアのまとめと今後の応援案をお伝えします。どんな結論になろうとも、すべてのプレゼンとプレゼンターに、カマコンは心からの敬意と感謝を表します!】

▼新規PJT案プレゼン

新規PJT案1)鎌倉こどもハチミツプロジェクト/プレゼンター:新城さん他
内容:鎌倉の子供たちが、一年をかけて養蜂を行い、商品化・販売までを手がける「鎌倉こどもハチミツプロジェクト」。登壇した新城さんは、このプロジェクトに関わる学生の代表を務めています。今回は、このプロジェクトのファンを増やすためのアイデアを求めてのプレゼンでした。
【ブレストで出たアイデア】Aチーム:出たアイデア数は43。そのうち、「ハチミツの蜜源となる花を植える」というアイデアが出されました。 Bチーム:出たアイデア数は33。そのうち、「お父さん、お母さんにもメンバーになってもらい、いっしょに活動する」というアイデアが出されました。 Cチーム:出たアイデア数は30。そのうち、「公共の学校とコラボして、テレビに出てアピールする」というアイデアが出されました。
【ブレスト後のまとめ・応援案】このプロジェクトに関わる大人の協力者を募りましょう! 会場からは、約15名の挙手がありました。

 

新規PJT案2)後継ぎ探しのあきないバトン:奥村さん
内容:以前にカマコン定例会で「鎌倉の小商いを盛り上げたい」というプレゼンを行った奥村さん。その後、湘南のカレーパン専門店から後継ぎを探してほしいと依頼を受け、顔が見える事業継承の仕組みとして「あきないバトン」というものを生み出しました。しかし、そのカレーパン専門店の事業継承は、あと一歩のところでうまくいかず、このままでは今年6月に閉店しまうそうです。そこで今回は、カレーパン専門店を閉店させず、盛り上げるためのアイデアを求めてのプレゼンでした。
【ブレストで出たアイデア】Aチーム:出たアイデア数は31。そのうち、「『70年代カレーパン』『80年代カレーパン』『90年代カレーパン』…と、年数が経つほど辛くなるカレーパンをつくる」というアイデアが出されました。 Bチーム:出たアイデア数は32。そのうち、「毎月、変わり種のカレーパンをつくって、SNS上でイベントを開催する」というアイデアが出されました。 Cチーム:出たアイデア数は35。そのうち、「江ノ電でカレーパンを販売する」というアイデアが出されました。 Dチーム:出たアイデア数は46。そのうち、「自宅のカレーを持っていってカレーパンにしてもらう」というアイデアが出されました。
【ブレスト後のまとめ・応援案】このプロジェクトにコミットしてくれる人を募りましょう! 会場からは、約20名の挙手がありました。

新規PJT案3)空き家の管理・運用サービス/プレゼンター:浅岡さん
内容:神奈川県逗子市に引っ越したところ、自宅の裏が空き家だったという浅岡さん。空き家があると、不法侵入や衛生環境の悪化、景観の悪化など、様々な問題が起こると感じています。また、空き家問題は全国的にも深刻化しています。反面、空き家をうまく管理・運用すれば、所有者や地域にメリットが生まれると考える浅岡さんは、それに取り組む「空き家連合軍」の結成を構想しています。今回のプレゼンでは、どうやったら空き家を利活用していけるかのアイデアを求めています。
【ブレストで出たアイデア】Aチーム:出たアイデア数は36。そのうち、「働いたら空き家をタダで使える」というアイデアが出されました。 Bチーム:出たアイデア数は24。そのうち、「消防団と連携して、空き家を燃やして消火する練習場にする」というアイデアが出されました。 Cチーム:出たアイデア数は20。そのうち、「空き家を、海岸でスポーツする人のための施設にする」というアイデアが出されました。
【ブレスト後のまとめ・応援案】「空き家連合軍」に参加したい人を募りましょう! 会場からは、約15名の挙手がありました。

新規PJT案4)カマコン定例会・非連続の進化/プレゼンター:本多さん
内容:カマコン立ち上げ時からのメンバーである本多さん。カマコン定例会の進化にもコミットしてきました。そして、今年1月の定例会にも参加し、思ったのは…「素晴らしい!」でも、「飽きちゃったかも」ということでした。そこで、定例会をゼロからつくることを思いつき、今年の秋頃に「Neoカマコン定例会をやってみたい!」と考えるようになりました。今回のプレゼンでは、4月に開催を予定しているこの企画のミーティングに向けて「カマコン定例会が何でも可能だったら、どんなことをしたいか」のアイデアを求めています。
【ブレストで出たアイデア】Aチーム:出たアイデア数は43。そのうち、「ブレストしたものを絵で表現してテレビ電話で発信する」というアイデアが出されました。 Bチーム:出たアイデア数は36。そのうち、「参加者全員で仮面をかぶる」というアイデアが出されました。 Cチーム:出たアイデア数は62。そのうち、「場所を変えて、出張定例会を行う」というアイデアが出されました。
【ブレスト後のまとめ・応援案】4月開催予定のミーティングに参加したい人を募りましょう! 会場からは、約30名の挙手がありました。

▼終了/21:00

来月の定例会は4月19日(木)の開催を予定しています。
ご入会や、定例会へのご参加(紹介制)についてなど、お問い合わせはinfo@kamacon.com までお願いします!