カマコン

4月度【定例ミーティング】

4月度定例会 【報告】定例会 2017420日(木)19:0021:00KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館 参加者:約100

初参加者向けオリエンテーション/19:00

今月の司会は、初参加者向けオリエンは宮田さんと土肥さんです。

初参加者向けオリエンテーションには、約60名の方が参加されました。

カマコンのこれまでの実績紹介の後、現在実施中のカマコン関連のプロジェクトの報告が行われました。

《ふらっとカフェ鎌倉》からの報告→Facebookページに一ヶ月で147いいね!を達成。現在15団体・20名が参画。多くのメディアにも取り上げられ、注目を集めています。

《男女立場逆転ウィーク》からの報告→子供が先生役になって、自分の好きなこと、得意なことを誰かに教える鎌倉発の企画。ゴールデンウィークにイベントを開催する予定とのことです。

本会スタート/19:20

本会の司会は、有江さんと町塚さんが担当します。

本会の始まりを前に、セットアップとして、どんな方が参加されているかの確認や、本会のアジェンダの説明が行われました。続いて、定例会後の懇親会の案内がありました。(懇親会の参加は必須ではありません)

続いて、新規プロジェクト案のプレゼンとブレストがスタートです!

流れ:【新規PJT案プレゼン プレゼン時間15×5組】→【ブレストタイム/新規PJT案プレゼンの終了後は、PJT案ごとに定例会参加者全員で分かれ、チームになって「ブレスト」を行います。ブレストとは、批判や質問などは抜きにして、前向きに、そしてとにかく数多くのアイデアを出し合い、乗っかり合いながら進めていくものです。なお、各チームで最後に発表するアイデアは一案です】【各PJTにコミットする人を挙手で募ります。どんな結論になろうとも、カマコンは、すべてのプレゼンとプレゼンターに心からの敬意と感謝を表します!】

▼新規PJT案プレゼン

新規PJT1)鎌倉を尺八の街にしよう!/プレゼンター:鎌倉尺八108人プロジェクト

内容:鎌倉在住の尺八演奏家の方によるプレゼン。尺八は禅の楽器であり、マインドフルな楽器でもあります。反面、どこかダサいイメージもあるように思われる尺八。そこで、そのイメージを変え、禅のまち・鎌倉を、尺八を用いて愛であふれるまちにするために、「鎌倉尺八」に関わる人を108人集めるためのアイデアを求めています。

【ブレスト後のアイデア】Aチーム:夏休みのラジオ体操で尺八を吹く Bチーム:108色の尺八をつくる

【PJTへのコミット人数】約20人

新規PJT2)鎌倉能舞台を盛り上げたい/プレゼンター:能楽師・中森貫太さん

内容:世界一古い演劇として、世界無形遺産に指定されている能楽。かつて鎌倉には能舞台がたくさんあり、現在も薪能が行われるなど、鎌倉と能楽は非常に縁深い関係にあります。しかし、鎌倉能舞台では、子供たちへの啓発といった公益事業を維持するための収益事業が厳しい状況にあるとのことです。今回は、1日3.3%しか使われていない能舞台を有効活用するための、鎌倉らしいアイデアを求めてのプレゼンでした。

【ブレスト後のアイデア】Aチーム:能舞台に吉本の芸人に来てもらい、演芸を行う Bチーム:ふるさと納税で使ってもらう

【PJTへのコミット人数】約30人

新規PJT3)鎌倉の香り 鎌倉ロゼクール/プレゼンター:宮地さん

内容:以前にカマコンでプレゼンを行い、完成したアロマアイテム「鎌倉の香り」。鎌倉の間伐材などを使ってつくられるこの製品を、「地産地香」として鎌倉にもっと広めたい!もっと鎌倉の人たちに「鎌倉の香り」を使ってもらい、幸せになってもらいたい! そのためのアイデアを、今回のプレゼンでは求めています。

【ブレスト後のアイデア】Aチーム:削った間伐材をリサイクルする 
Bチーム:間伐材を使った名刺などをつくる

【PJTへのコミット人数】約15人

新規PJT4と鎌倉/プレゼンター:株式会社カンパセーションズ

内容:二年前に鎌倉へ引っ越してこられたという、株式会社カンパセーションズの原田さんご夫妻。お二人は、夫婦共同プロジェクトとして「と鎌倉」という企画を進め、その第一弾として長崎県の「五島と鎌倉」と題し、フリーペーパーづくりやイベントなどを行いました。第二弾として鹿児島県の「阿久根と鎌倉」という企画を進めており、「阿久根と鎌倉」の鮮魚店をつくる構想があるとのことです。そこで今回は、「こんな魚屋があったら通いたい」というアイデアを求めてのプレゼンでした。

【ブレスト後のアイデア】Aチーム:キッチンスタジオの併設 Bチーム:魚がいない魚屋にする(プロジェクターに魚を映す) Cチーム:鎌倉の寿司職人に入ってもらい、寿司を握ってもらう

【PJTへのコミット人数】約10人

新規PJT5)FRAME OUT/プレゼンター:株式会社自転車創業

内容:「自転車の『まっすぐ』と『寄り道』をインターネットでもっと楽しく」を理念に、自転車を使ったお出かけの楽しさを伝えるインターネットサービス「FRAME OUT」。4月・_5月には、このサービスを使ったワークショップの開催も予定しているとのことです。今回は、鎌倉在住者がおすすめする穴場の観光地やお店にどうしたら観光客が行きたくなるか、そのアイデアを求めてプレゼンが行われました。

【ブレスト後のアイデア】Aチーム:お店をハシゴする。その前後で体重も計る Bチーム:馬のかぶり物をして自転車で鎌倉を巡る

【PJTへのコミット人数】約10人

緊急プレゼン)鎌倉花火大会開催に向けて

内容:今年で69回目という歴史がありながら、中止が決定した鎌倉花火大会。しかし、行政や市民にリサーチを行ったところ、開催できる可能性は残されているようです。そこで、例年通りの花火大会を開催するために必要な1000万円をどのように集めればよいか、市民が主体となっていかに不足を補うか、そのアイデアを求め、緊急でプレゼンが行われました。

【ブレスト後のアイデア】鎌倉の飲食店に「花火応援メニュー」をつくってもらい、売り上げの5~10%を募金に充ててもらう、花火をあげてプロポーズをしたい人を全国から募る、花火大会の日は鎌倉市民全員働かなくて良くする。等のアイディアが出ました。

【PJTへのコミット人数】約30人

▼終了/21:00

新年度最初のカマコン定例会も大盛り上がりの中で終了しました!

来月の定例会は5月18日(木)の開催を予定しています。
※毎月第3木曜日と覚えてください!
(2017-05-09訂正:日程を誤って記載しておりました。訂正してお詫び申し上げます。)

ご入会や、定例会へのご参加(紹介制)についてなど、お問い合わせはinfo@kamacon.com までお願いします!